病院送り・女性編

私より、たぶん年上の女性。
中高年の域なのに、
とても可愛らしい女性が毎週のようにやって来てた。
トシって関係ないね。
小柄でホント、可愛らしいヒトなのです。
彼女が初めて来た時は旦那ちゃんとご一緒に。
次第に一人で来るようになった。
彼女は、全身マッサージの後に足だけリンパドレナージュをやっていく人で、
とにかくもうふくらはぎがダルいのである。
それは身長の問題からきていた。
背が低い。
それでいつもヒールの高っかい靴を履いている。
そのせいで、足の裏の角質がカッチカチ。
マメも至るところでカッチコチ。
これはさぞかしリンパ液も滞るだろう。
ふくらはぎがダルいのは高い靴のせいかもよ?
って思ったけど、
それを伝えたからといって彼女が低い靴を履くとは思えないので、
アドバイスは控えた。
オンナのお洒落ゴコロは、
ふくらはぎダルい程度では変えられないのじゃ!
そんなある日。
ふくらはぎのダルさが尋常じゃないとやってきた。
どれどれ?と足のリンパドレナージュをはじめてみると…
こ、これは…

なんだなんだ、大げさだぞ。
そんな驚くことでもないぞ。

どうなっていたかというと。
まず、左の太もも内側だけがものすごく張っていた。
見ただけで腫れてたし、触ると硬い。
そしてふくらはぎ。
右はいつものとおりの弾力だったのに対し、
左がすごく硬い。
ワクワクしました。
ええ。
そりゃあもう、やり甲斐感じました。
いよっ待ってました!ってな感じだ。
張り切って張り切って、
流して流して、
いつもの倍、流してやりました。
彼女、ものすごーく痛かったそうな。
だろうね。
その時、私は内心、
今日だけじゃ流れきれないだろうな。
近いうちにもう1回来てくれないとな。
でも、次回やっても流れなかったら、
整骨院送りにしてやろう。
秘かにそう決めていた。
そして、トリートメント終了後、
彼女自身でできるドレナージュ法を教えた。
「お風呂に入った時にやってくださいね」って。
1週間後に再びやってきた彼女。
なんと。
教えたドレナージュをちゃんと自分でもやったらしい。
教えたからといってすぐ実践できる人ってほぼいないから、
あ~エライな~ていうかホントにツラかったんだな~
と思いながら足を見ると。
太ももの腫れがひいてる。
ドレナージュを始めてみると。
ふくらはぎも通常の弾力に戻ってる!
彼女いわく、その日のトリートメントは痛くなかったそうな。
やっぱり自分でケアできるから治りが早かったのだ。
そう伝えると、
やったと言ってもほんのちょっとしかやってないと言う。
ふむふむ。
てことは。
1回目の痛さを我慢してのトリートメント&ほんのちょっとのセルフケア。
これで改善したってことだ。
リンパドレナージュってスゴイ!
私が実感し直してしまった。
でも彼女はまた同じ状態に陥ると思う。
日々の生活習慣を見直さないと、
これはもう改善しないのだ。
お洒落ゴコロが痛さに負ける時はきっと来る。
そして。
実のところ、
他にもまだまだ病院送りしたい人がいっぱいいたんだけど、
お店の人にばれるとやっかいだから、
なるべくツボやコリコリを見つけ出してはほぐすことに専念した。
鍼・整骨院・リンパドレナージュ・マッサージにカイロプラクティックなどなど、
カラダケア施術を網羅した私が確信していることは、
ほぐすだけの快楽優先か、
国家資格保有者の治療優先か、
はたまた、
その中間のリンパドレナージュで自然治癒力を高めるのか。
そこは、いろんな選択肢を持って、
その時の自分の状態で使い分けられるのが一番
ってことです。
マッサージが向いてるのか、
リンパドレナージュをやったほうがいいのか、
鍼や整骨院がいいのか。
そういうアドバイスも含めて、
私自身、お客さんに提案していきたい。
同じ何千円かを使うなら、
優先順位をつけて損しないようにケアしてほしいと思うのです。
凝りやダルさって絶対改善するから、
吟味して楽しみながらケアするように。
無駄遣い、ダメよ。


▲TOP  Clip to Evernote    mixiチェック  ブログランキング・にほんブログ村へ