脳をとるかお肌をとるか

鳥取大学の教授がどうやら
ついに脳の若返りが期待できる“ある香り”にたどり着いた
と発表したらしい。
だいぶ前。
それがテレビで紹介されたもんだから、
しばらくの間、特定された精油が売切れ続出。
必死だ。
そりゃあ、そうでしょう。
脳がどうにかなるのは恐ろしいことだし哀しい。
年齢、関係なかったりするし。
その精油が何かというと、
これまた昼と夜で違うらしい。
昼用:
ローズマリーとレモンの精油をブレンドしたもの
夜用:
ラベンダーとスイートオレンジの精油をブレンドしたもの
この香りを嗅ぐのが脳を若返らせるんだって。
リンパドレナージュでは、香りも嗅ぐしお肌にもつけます。
好みの精油を選んでもらうので1本ずつ匂いを嗅いでもらってる。
 
ここからミー日記リンパドレナージュ

 
その数、全部で9本。
その9本の中には、
ローズマリー
ラベンダー
スイートオレンジ
が、ちゃんと入ってる。
のだが。
レモンはありません。
本当は入れたいけど、
レモンは光毒性というものがあるのです。
光毒性は、簡単にいうとシミになってしまう。
原液を皮膚につけたまま日光を浴びると、火傷するくらい危ない。
リンパで使う場合はもちろん希釈するので薄まるけれど、
真夏のような日光だとちょっと心配。
夜に使うなら問題ないけど、
お昼に来てもらうとやっぱり心配。
ということで、リスクのあるものは置いてません。
脳よりお肌を取りました。
レモンは嗅ぐだけにしよう。

自宅でレモンを使うなら、鼻に近い耳のリンパ液を流すといいかも。
香りを充分に楽しめます。
香料の入ってないアロマ用クリームに入れるのも気持ちいいよ。
3%に希釈してね。
 
Point!

 
ここからミー日記 人差し指と中指で
 耳の付け根を
 挟みましょう
 ゆっくりと
 耳の付け根を
 もみほぐしたら
 首筋から鎖骨へ
 流します

 



▲TOP    ブログランキング・にほんブログ村へ