片想いから両想い

いつも通る道に生えていた植物。
なかなか良いなぁと目をつけていた。
ある日、いつものようにそこを通ると、
なんと!
その家の人が植木の手入れをしていた。
こんなチャンスってある?
すぐさま、怪しい笑顔で近づき、
「その枝、捨てるんですか?」
と分かりきったことを聞き、お願いしたらくれた。
30分前でも後でもその場に遭遇しなかったら当然もらえなかったワケだ。
その偶然に縁を感じた。
想いは通じるねえ。
植木
は〜
カワイイカワイイ。
kanban_convert_20140625192605.jpg

 
見に来てね。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 浦安情報へ
にほんブログ村