余分な水分は集めて排出しよう

カラダの水分はどこへでも移動します。
これは動物病院の先生が言ったこと。
ネコはトシをとると腎臓が悪くなりやすい。
そのせいで脱水になる。
なので、皮下注射で補液をするのだが、
そうすると皮膚の下に水が溜まって膨らむ。
重力で水がすぐ下がり、お腹が水ヨーヨーみたいになる。
その時は「へえー、気持ち悪っ」とか思ってて、まあ不思議だった。
リンパドレナージュを提供するようになって、時々そのことを思い出す。
確かに皮膚の下の水分って移動させられるんだよなあ。
手のひらを皮膚にぴったりつけて、余分な水分を集めて流す。
流す先はリンパ節。
最終出口は鎖骨下静脈。
ほうきとちりとりで掃除するとき、一カ所にゴミ集めるでしょ。
それをちりとり(リンパ節)で取るでしょ。
で、ゴミ箱(鎖骨下静脈)に捨てる。
そんなイメージだろうか。(…そうか?)
背中の場合はこんな感じ。
 
 
浦安市タイヨガリンパドレナージュここからミー日記余分な水分を集めて排出しましょう

背中に溜まってる水分を脇へ、脇へ集めます。
 
 
浦安市タイヨガリンパドレナージュここからミー日記余分な水分を集めて排出しましょう

側面に集めた水分を脇の下のリンパ節へ向かって
ぐぐーっと押し流します。
ウエストのたるみ、なくなれー!(呪文)ってね。
 
 
これでむくみが取れ、免疫が上がるのです。
痛みがなくなる場合もあります。
人によっては、カラダがポカポカするそう。
側面は自分でもできるので、お風呂に入ったときにやるように。
鎖骨を開いておくといいよ。

Point!

 
ここからミー日記 人差し指と中指と
 薬指を
 鎖骨の上に置き
 ゆっくり
 優しく押しましょう