この季節に雇いたい『殺し屋』

おそらく、
一度は聞いたことがあると思われる、
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)。
日本語で言うと。
天然殺し屋細胞
このお方が何者を殺してくれるのかというと、
体内への侵入者を殺してくれるのです。
不法侵入者です。
入った瞬間、察知して攻撃してくれる、
とても腕のいい殺し屋なのです。
分かりやすい症例として、
風邪を見てみよう。
風邪をひくと薬を飲みますね。
さあ、これで治るぞ!
って思いますね。
でもそれは単なる対処療法。
鼻水をとめる
頭痛をとめる
熱を下げる
咳をとめる
症状を軽くするのに薬は欠かせないけど、
ウイルスを殺してくれるのがこの、
『殺し屋細胞』です。
このお方が殺してくれない限り、
薬を飲んでも飲んでも完治しないのです。
薬飲んでるのに咳がとまらなかったりするでしょ?
今回の風邪はしつこいなあって思うでしょ?
それは、
『殺し屋細胞』を雇えてなかったんですよ。
常日頃、この『殺し屋細胞』を雇っていれば、
ウイルスが入った途端、
すぐさま撃退してくれたのにってことですよ。
風邪かな?と思っても、
朝起きて治ってることがあると思うんですが、
それはこのお方をちゃんと雇えていた時です。
じゃあさ、
知らずに雇ってたり雇ってなかったりするってことじゃん。
ええ、そうです。
免疫力の上がる生活を送っていれば、
知らないうちに雇えているのです。
一緒に住んでる家族が風邪ひいたって、
こちらは殺し屋雇っているのでビクともしません。
言い換えると。
寒さをガマンして、
ファーストフードとか食べて、
ずっと同じ姿勢で残業とかしちゃってる、
寝不足ながんばり屋さんには、
殺し屋は雇えないってことです。
 

殺し屋、雇いたいですか?

 
それには『殺し屋細胞』のことを知らないと、
雇い方も分からないと思うので、
このお方の情報を公開します。
 

【住まい】
 リンパ節
  普段はリンパ節の中で眠っており
  いざという時
  ここから出動します
ここからミー日記
 リンパ節は
 そらまめぐらいの
 大きさと
 いわれてます

  
【家族】
 アルブミン
  アルブミンの内助の功により
  殺し屋の量が増えます

 
【ポイント】
 アルブミンを充実させること

 
この三つが殺し屋の重要情報です。
繰り返すと、
アルブミンの濃度を上げることが、
殺し屋を大量に雇えるということです。
では、
どうやってアルブミンの濃度を上げればよいか?
アルブミンはリンパ液の中にあります。
その濃度を高めるのに有効なのが
マッサージ
ということが医師の研究で分かってます。

リンパドレナージュが免疫力を上げる

といわれているのは、
こういうことからなのでした。
リンパ液の流れをよくすれば、
風邪などもひきにくくなり、
ひいたとしてもすぐ治るということが、
医学的にも証明されてきてるのです。
『殺し屋細胞』は何も風邪ウイルスだけではないのです。
がん細胞も日々チェックして殺してます。
健康な人のカラダでも、学説によっては1日に5000個!もの
ガン細胞が発生していて、
老化などによって免疫が落ちるとガン細胞が勝ってしまうのです。
また、難病といわれる免疫系の病気は、
『殺し屋細胞』が負けた証かと思うのです。
これで『殺し屋細胞』の雇い方を
分かっていただけたのではないでしょうか。
雇うからにはお金のかかる分野でもありますね。
理想としては、
セルフケアでリンパ液を流せること。
これができれば一番かと思います。
流す方向に注意して、
トライしてみてください。

Point!

 
ここからミー日記 人差し指と中指と
 薬指を
 鎖骨の上に置き
 ゆっくり
 優しく押しましょう

 
 



 
オススメ ふわふわウォーマーニット腹巻き(トリンプ/Triumph)
     困ってるひと (ポプラ文庫)


▲TOP  Clip to Evernote    mixiチェック  ブログランキング・にほんブログ村へ