NOで無料のアンチエイジングを

この場合の『NO』は、
いらないッス!
結構です!
の『NO』ではない。
ましてや、ナンバーでもない。
これは。
一酸化窒素(NO)のこと。
私はこの一酸化窒素が何なのか、まったく知らなかった。
大気汚染のナンか?
ぐらいの知識。
それだってものすごーくあやふや。
この一酸化窒素がアンチエイジングに関係している。
ていうか、アンチエイジングに必要だったのです。
どのように必要なのか。
その仕組みを発見したのは米国の研究者3人。
どんな仕組みかというと。
一酸化窒素は空気を高温高圧にすると生成されるので、
自動車のエンジンで生成されたり、
雷や石油ストーブでも生じるという、日常の中にあるもの。
 
ここからミー日記

 
てことは、やっぱり大気汚染の原因物質。
そんな物質が、
実はカラダに欠かせないガスだったなんて、
聞いたことがなかった。
 
ここからミー日記

 
では、この『NO』が不足するとどうなるかというと。
動脈硬化が進む
という、わりと命にかかわってくるぐらい必要なもの。
では、このNOが増えるとどうなるか?
血管を取り巻く筋肉がゆるむ
では、このNOはどうやって増やせるの?
血管をマッサージすると増える
  ここからミー日記

 
そう、マッサージで増えるんです。
このNOがマッサージで増えると筋肉がゆるみ、
ゆるむと血管が広がる。
血管が広がると酸素や栄養素がスムーズに送られる。
カラダのすみずみまで酸素や栄養素がちゃんと送られると、
高血圧、動脈硬化予防のほか冷え性なども改善し、
心身ともにリラックス。
 
ここからミー日記

顔にも当然、血管はあるので、
皮下組織の保水強化によりシミ・シワ予防になる。
このような仕組みで、
カラダの中からアンチエイジングできるのです。
じゃあ、どうやって血管をマッサージするかというと。
動脈は骨と筋肉、および筋肉と筋肉の間を走っているので、
皮膚を骨に押しつけながらマッサージすれば動脈もマッサージされる。
これなら自分でできる。
てことは。
お金はかからずアンチエイジングってことです。
ただし。
この血管マッサージだと、起始リンパ管はつぶれます。
なので、
血管マッサージをやったあと、
リンパドレナージュをやるとイイと思います。
血管マッサージも全身やると良いので、
どこをどうやったらいいのか、詳しくはまたお知らせします。
それまでは、まず頸動脈あたりをやっておくのがいいんじゃないかな。
え?
まずは顔でしょ?
顔、教えてよ?
そっかー。
分かったー。

Point!

 
ここからミー日記 人差し指と中指で
 耳の付け根を
 挟みましょう
 ゆっくりと
 耳の付け根を
 もみほぐしたら
 首筋から鎖骨へ
 流します

 



▲TOP