イヤ〜な感じで乳ガン健診

2012年の乳ガン健診に行ってきた。
結果は去年と変わらずだったのだけれど、
私の気持ちが違ってた。
先月、
「そろそろガン健診行かないとな〜いつ行くかな〜」
なんて思いながら新聞を読んでいた。
そこでイヤ〜な記事発見!
【放射能と闘う福島 甲状腺検査で子供守れ】
   2012/6/29付日本経済新聞 夕刊

乳ガンとナンの関係が?
そう思うでしょ。
私もそう思った。
私とは関係ないけど大事なことだなって思いながら読むと。

甲状腺の検査では、
しこりである結節や水が袋のようにたまった
嚢胞(のうほう)があるかどうかを主に調べる。
これらは症状が進むとがんの発生につながる可能性があり、
検査では一定の大きさの結節などが見つかった場合には
2次検査を実施している。
「5ミリ以下の結節や20ミリ以下の嚢胞を認めた」人は
2次検査として採血や尿検査、細胞を
直接採って調べる細胞診なども実施し、
詳しく調べた。

 
そう。
あるの、嚢胞が。
去年から指摘されたの、嚢胞が。
右胸にいるんだよ、ヤツが。

ここからミー日記

 
それでも去年は、
嚢胞がガンに変わることはそんなにないから
って言われたから心配してなかった。
でも、この記事読んだらさ、
嚢胞が結構な目安だったんだってことが分かっちゃったから、
イヤ〜な感じを抱くことになりました。
で、今回は、
「細胞取って検査もできるけど」
なーんて言われたから
「やっぱりアブナいモノだったのか!」
ってなった。
結局、細胞検査は大きさや形から見て、
まだしなくていいという結論に。
すごく痛そうなんだよね、細胞取るの。
テレビでやってた。
先生も言った。
痛いからイヤだよね、って。
イヤですっつったよ、食い気味で。
私の嚢胞の大きさは、
去年が10.3mm
今年が11mm
1ミリ弱大きくなってるけど、
これぐらいなら変化なしとのこと。
毎年、超音波とマンモを一緒に受けてたのだが、
半年置きぐらいに超音波を受けて、
2年に1回マンモを受けていればそう心配ないと言うので、
マンモは来年受けることにした。
これは私個人の考えだけど、
脇下のリンパを滞らないようにしてれば、
乳ガン予防にもなるはずだと思っているので、
毎日、お風呂で脇下リンパを流すことに励む。
さらにサプリメントを変えることにした。
今までは酵素が入ったマルチビタミンだったのを、
細胞レベルのサプリメントドリンクに変更。
嚢胞あってもいいけど、
大きくならないようにしなくっちゃ!
 
ここからミー日記

 
あ。
子宮頸ガン健診は問題なし。
あとは総合健診受けに行かなきゃ。
コレステロールがな〜。
 


▲TOP  Clip to Evernote    mixiチェック  ブログランキング・にほんブログ村へ