PMSはリンパで解消できる?

女性の多くはこのPMSに悩んでいるのではなかろうか?
かくいう私も悩んでいた。
そう、過去形である。
結論から言うと、
リンパでかなり解消できたと思ってます。
そもそもPMSとは何かというと。
月経前症候群(英: PMS)または月経前緊張症とは
月経の2週間ないし1週間位前からおこり、
月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、
および精神的症状を示すいろいろな症状の集まりである。

【身体的症状】
・下腹部膨満感
・下腹痛
・頭痛
・乳房痛、乳房が張る
・腰痛
・関節痛
・むくみ、体重増加、脚が重い
・にきび
・めまい
・食欲亢進
・便秘あるいは下痢
・悪心、動悸
・過剰な睡眠欲
・不眠
【精神的症状】
・怒りやすい、反感、闘争的
・憂鬱
・緊張
・判断力低下、不決断
・無気力
・孤独感
・疲れやすい
・不眠
・パニック
・妄想症
・集中力低下、気力が続かない
・涙もろい
・悪夢を見る
              『Wikipediaより』
私の場合リンパは自分で行うので、
精神的症状の緩和については自信がない。
怒りんぼだと思う。
昔に比べたらだいぶマシかもしれないけど、
まだまだ家族には迷惑をかけてるという不安がある。
これは「そろそろだから注意しないと」という自己認識と、
それを避けられる何かお楽しみを見つけないとダメかも。
いやホント、情けないがまだまだです。
ホルモンに振り回されっぱなしでイヤなので、
どうにかして改善したいと思ってる最中です。
ただ、身体的症状については本当に解消された。
毎月毎月、ひどい睡魔が襲ってきた後、
必ず吐き気が起こり、
頭痛が発生する。
その後、決まって嘔吐する。
それが半日続いて寝込むのだが、急にケロッと治る。
毎月この繰り返しには、本当に悩まされた。
若い頃は何ともなかったのだが、
30代終わり頃に発生し出し、
2〜3年前が一番酷かった。
あまりにも苦しかったので、症状が出た日を記してたほどだ。
いや、記したからといって改善はしないのだけどね。
そして、これが改善したのは鍼の先生に相談してから。
ずいぶん前のことで、正確な言葉を思い出せない。
なので、やや大雑把な言い方になってしまいますが、
ご了承ください。
鍼の先生曰く。
・子宮は大腸に囲まれている
・大腸は両足にみなすことがあるので、
 両脚の内側に子宮を刺激する箇所がある
・そこをさすると婦人科系の悩みに効果を期待できる
というようなことを言っていた記憶が私にはある。
それからというもの、
風呂に入る時は必ず、両脚の内側のリンパを流したのである。
【脚のリンパの流し方】
鎖骨をさすってリンパ出口を開く
左脚のつけ根を手のひらでゆっくりと押す
左足首からつけ根に向かって内側をさする
脚のつけ根までさすったら再びつけ根を押す
右脚も同様に
ここからミー日記リンパ
 
これで私のPMS身体的症状は解消された。
それでもちょっとおかしいなと感じた時は、
すぐ頭痛薬を飲んだり、
お腹がすいていても消化の良いものを少しだけ食べた後、
胃腸薬を飲んだりする。
そうすると悪化しなくなった。
その「おかしいな」という感覚は、
・後頭部から背中にかけてやけに冷える
・すごい睡魔に襲われる
・生あくびが出る
です。
私の場合、これがPMS前症状。
これを見逃すと激しい頭痛に嘔吐です。
PMS症状にちょっとでも思い当たる方は、
試しに両脚のリンパを流してみてください。
もしPMSにはダメだったとしても、脚のむくみには良いと思います。


 猫ブログ【たまけもの】更新しました


▲TOP    mixiチェック  ブログランキング・にほんブログ村へ