リンパと脂肪の関係

私のところへ来てくれるお客さんたちには、
皆さん共通しているところがある。
それは…
ナチュラルに美しい
常日頃、カラダを気遣っている人は、
ナチュラルな綺麗さを持っている。
さらに、わざわざお金を払って
リンパ対策までしようってぐらいだから、
綺麗なのは当然かもしれない。
皆さん、まずお肌がキレイ!
また、
化粧や香水などの化学物質的なモノを
必要以上に身につけていない。
そしてなにより、
セルライトがない!
もちろん若さもあるんだろうけど、
それだってそろそろ兆しが見えても
不思議じゃないお年頃だと思うの。
それが、ない!
ある人でも、まだまだ兆しの段階。
まだ間に合うよ的な段階。
なんなら、私が一番あるっていうか…
手遅れ的な段階っていうか…
うう…
セルライトはホント、やっかいなので、
私のお客さんたちにはぜひ!
このままセルライト知らずの人生を送ってほしいと思う。
私のセルライトもま〜手強くて、
揉んでも揉んでもなくならない。
地道にやればなくなるはず!
と信じて揉んで流そうと思うのだけど、
これまた面倒。
しかし、そうも言っていられないのです。
セルライトとリンパには深い関わりがあって、
セルライトができたまま年齢を重ねると、
実はコワ〜いことになっちゃう。
だいたい40歳を過ぎるとセラミド変性なるものが起こり、
分かりやすい言い方にすると脂肪の塊ができてしまう。
さらに、
年齢と共に筋肉も落ちる。
すると、カラダも冷えやすくなる。
てことは、脂肪の塊が鑞のようにカチコチに固まってしまう。
さて、ここで問題。
リンパ管はどこをながれているでしょーか?
答え。
おっそろしいコトに、
脂肪組織の中をたくさん流れているのです。
てことは?
脂肪組織が鑞みたいに固まっていると、
リンパ液は流れない。
流れないどころか、
リンパ管が詰まる!
詰まるとどうなるか?
マンションにお住まいの方は分かると思うけど、
どこかのお部屋の住人が変なモノをトイレに流すと
どうなりマスカ?
詰まりますね。
詰まるとどうなりマスカ?
そう。
逆流しますね〜。
逆流すると?
他の方のお部屋まで大惨事ってことですわ。
そういうことがカラダで起こるということです。
脚のリンパ管が詰まってるから頭痛が起こる、
なんてこともあるかもしれない。
放っておくと、
原因不明の体調不良が起こるのです。
「こんなの初めて!なに?この不調」
ってことですわ。
そんなことになったらどうする?ワタシ
今のうちになんとかせにゃ!ワタシ
そんな私のために具体的な方法がコレ。
 
 
ここからミー日記

 
脚のセルライトは自転車がいいと思ってる。
二の腕は、なるべく重たいモノを持とうかと思ってる。
あと、セルライトが出そうなところは、腹か。
腹は揉もう。
揉んで流そう。
あと、腹式呼吸。
思い当たる人は一緒に流そうね〜。
セルライト、怖いよね〜。
そして醜いの〜。
えーん!
自転車、買ってくるー!!

Point!

 
ここからミー日記 お腹の奥にある
 太いリンパ管を意識し
 ゆっくり
 腹式呼吸をしましょう
 吸う時は目一杯
 お腹を膨らまし
 吐く時は目一杯
 お腹を引っ込めます

 



▲TOP  Clip to Evernote    mixiチェック  ブログランキング・にほんブログ村へ