夏にリンパドレナージュが必要なワケ

確かに冬ほど必要性を感じないかもしれない。
だって暑いんだから。
暑いとリンパ液はどうなるか?
体温が上がるので、リンパ液もスルスルと流れます。
血流だって体温が高いとサラサラだ。
そうすると筋肉も柔らかくなる。
実感として、冬よりカラダがこわばってない。
じゃあ夏はリンパ受けなくたっていいじゃん。
ちゃんとカラダ動かしてる人はそうだと思う。
けど、運動もしてなくて、
電車の中が寒〜い(私だ)
とか
職場でジッと座ってるから寒〜い(私じゃない)
とか
アイス美味しいね〜(私だ)
とか
アイスもいいけどかき氷もね(私だ)
とかはダメだと思うの。
私、ぜんぜんダメだん!って自覚してるの。
だから寝る前、脚のリンパ液をバンデージで流してるの。
 
ここからミー日記

 
時々、熱いお茶とか飲んでみると分かることがある。
お腹の中がホワ〜っとヌクまるのだ。
その時、はじめて「わ!冷えてる!」って理解する。
自覚のないまま冷えてるのだ。
暑いからって冷え冷え生活続けると、待っているのは夏バテ。
そうならないために。
ちゃんと運動していい汗をかく。
汗をかいたら水分を補給。
そうするとリンパの流れもよくなって疲労物質も体外へ出る。
夏バテのまま季節の変わり目を迎えるのは、とてもシンドイよ。
ってことで、リンパの流れを良くして真夏を乗り切る準備をするのです。
運動するのがメンドクサイならリンパドレナージュを受けるのも手なのです。
すでにカラダがダル重〜くなってる人は、早めの対処を。
夏も冷えてるから気をつけてねー。
自覚が大事だよー。
試しに体温計ってみてねー。
冬より高くないとダメだからねー。

Point!

 
ここからミー日記リンパ 脚の内側を
 足先から
 股関節に
 向かって
 流します

 
 
 

 



▲TOP    ブログランキング・にほんブログ村へ